Introduction

Dr Kamada is the Vice President of Megumino Hospital in Hokkaido, Japan. He completed his Ph.D. on relaxation times of metabolites in MR spectroscopy. His professional career includes research periods at the Hokkaido University, the University of Erlangen-Nurnberg (Germany), Georgetown University (USA) and The University of Tokyo for neuroscience and biomedical engineering. 
His current research topics include functional brain mapping and brain-computer interfaces. Dr. Kamada is an expert on high-gamma mapping procedures to make functional brain maps in real-time. 
He records cortico-cortical evoked potentials to identify normal and abnormal networks for brain surgery and evaluates motor, language-related functions, and epilepsy networks at the bedside in the monitoring unit or for awake craniotomy in the operating room. By using multiple-electrophysiological techniques, he established his original surgical technique for neurosurgery.

最新情報

オーストリアGuger社との共同研究により、脳内異常機能領域、正常機能をリアルタイムにとらえる手法を開発しました。日本では当院のみで行っています。とくに”てんかん”診断、治療、手術の際に異常機能野の境界を明確に可視化すできます。治療計画、説明の際に個々の脳機能分布についての設計図をもちに話し合いをすることができます。下記はてんかん波の脳内への広がりを表した図です。
共同研究HP: http://www.gtec.at/

最新情報

オーストリアGuger社との共同研究により、脳内異正常機能をリアルタイムにとらえる手法を開発しました。日本では当院のみで行っています。とくに”てんかん”診断、治療、手術の際に正常機能野の境界を明確に可視化すできます。治療計画、説明の際に個々の脳機能分布についての設計図をもちに話し合いをすることができます。

2020年3月6日(金)・7日(土): 

日本ヒト脳機能マッピング学会 主催
会長:鎌田恭輔

場所:札幌プリンスホテル パミール館


プロジェクト

日本では、ミユキ技研、ユニークメディカル、オーストリアgTec, Guger technology OG, スイス LricaMicrosystemsなどと共同研究を行っています。

その他の活動リンク
https://researchmap.jp/kyosukekamada/?lang=english
https://www.researchgate.net/profile/Kyousuke_Kamada
http://blog.gtec.at/functional-brain-mapping-kyousuke-kamada/
https://www.emedevents.com/speaker-profile/kyousuke-kamada 





手術症例数

脳動脈瘤クリッピング術: 522 例

内頚動脈内膜剥離術:334例

顔面けいれん: 182 例

三叉神経痛:153 例

頭蓋内外バイパス術:102例

てんかん手術:62件

脳腫瘍 : 1225例 

  髄膜腫:321例 、聴神経鞘腫:92例、脳原発腫瘍:560例、

脊椎・脊髄などを含むその他:252例